Let's Play Basket Ball!

Basket Ball Now

バスケットボールのユニフォーム

バスケットボールの試合の時に着るユニフォームはノースリーブとひざくらいの丈のズボンです。
また背中には背番号がプリントされています。
胸側にはチーム名と番号が書かれています。
色はいろいろなものがありますが、対戦相手とはっきりとした違いがわかるように黒と白のように色を変えます。
そのため二色のユニフォームを少なくとも持っておく必要があります。
素材は汗をたくさんかくため、すぐに汗を吸収し、乾くような素材でなければいけません。
プリント部分は、はがれたりしないように、ワッペンを縫い付けている場合もあります。
バスケットボールのユニフォームは観客の人たちがパッと見てどのチームなのかわかる必要があるため、大きな文字でチーム名や番号が書かれています。
汗でびっしょりになっても洗濯をすると、すぐに乾くのでとても便利です。
一日に何回か試合をすることもあるので、すぐにきれいに乾くのでまた新しい状態で着ることができます。

バスケットボールユニフォームの規定について

バスケットボールのユニフォームには、規定があることをご存知でしょうか。
実は、試合中にチームを見分けるために必要な規定が作られています。
まず、ユニフォームとは、ゲーム中にバスケットボールのプレーヤーが着用するものです。
同一チームでシャツとパンツは同じ色でなくてもよくなっています。
シャツは、前後同一色を使用し番号を明確にします。
基本的に両チームが識別でき、プレーヤーの番号が審判やスコアラーにはっきりと見えるようにしておくことが必要な条件となります。
チームは、淡色と濃色の2種類を準備しておきます。
淡色とは、白に近いものです。
黄色やゴールドといった色は、相手のユニフォームの色で淡色にも濃色にもなるので注意が必要です。
濃色は、白以外で濃い色のものです。
グレーやシルバーは、切り替えの部分などでの使用は認められていますが、全体には使用しません。
試合中は必ずチームメンバーは、デザイン・色・形が同じものを全員着用します。

注目サイト

別れさせ屋を探しているなら
http://www.wakaresaseya-advice.net/

2017/4/10 更新